spacer.gif



岡田広山(オカダ コウザン)
広山流第四代家元
 
幼少より三代家元に手ほどきを受け、聖心女子大学卒業後、2000年に副家元を、2004年に四代家元を襲名した。2006年に襲名後初の流展「花に導かれて」をプロデュースし成功させた。2010年には創流100周年を記念した花展と祝賀会を開催した。新たな100年に向けて歩み出した今、初代から受け継がれてきた「自然を大切に」の心を守りながら、新しい時代のいけばなを目指している。
聖心女子大学、聖心女子学院、華道講師
公益財団法人 日本いけばな芸術協会 理事
いけばな協会 理事
一般社団法人 帝国華道院 理事
港区華道茶道連盟 副理事長

 昭和56年中央公論社より出版した「野の花山の花542種」は、生け花の本としてベストセラーとなり、以後、婦人画報・花時間など多数の雑誌に掲載される。

 

 著書出版も、代表作「野の花・山の花」シリーズ5冊(中央公論社)を始め、「別冊太陽・岡田広山の花」(平凡社)、「野の花を生ける」(主婦の友社)、「花にあう」(主婦の友社)、「源氏物語・花の五十四帖」(求龍堂)を刊行するなど、精力的に行っています。

 

 昭和51年以来、ベルギー・オランダ・ドイツ・フランス・オーストラリア・アメリカなど、各国でデモンストレーションを行い、海外でのいけ花普及にも努めています。国内においても、本部展・支部展などを活発に行っています。

  平成12年には(社)いけばなインターナショナル主催の世界大会が、パシフィコ横浜で開催され、日本を代表する9流派の中の1流派としてデモンストレーションを行いました。
  聖心女子学院・聖心女子大学他、NHK文化センター、産経学園、読売・日本テレビ文化センター、昭和女子大学オープンカレッジ等、カルチャースクールの講座も毎年その数を増やしております。